秋生まれの赤ちゃんに必要な出産準備は?最低限の出産準備リストまとめ

秋は暑い夏が終わり、寒い冬へと変わる季節です。
この時期に生まれた赤ちゃんはなにを準備しておけばいいのでしょうか。
今回は秋生まれの赤ちゃんに必要な出産準備リストをまとめましたので、参考にしてみてください。

秋生まれ赤ちゃんの最低限必要なもの

秋生まれの赤ちゃんに必要なものをご紹介します。

洋服・肌着

9月頃の生まれであればまだまだ残暑が厳しい季節でもあります。
この季節の場合であれば肌着は短肌着と長肌着、両方をそろえておくと安心です。
昼間は暑くても、夜は涼しくなってきますので、風邪をひかないように夜は長肌着を着せるようにしましょう。
10月や11月頃になれば暑さはやわらぎ、涼しくなってきますので、長肌着が多いと安心です。
ただ、生まれたばかりの赤ちゃんは体温が高いため、重ね着などをしてしまうと熱を出してしまうかもしれませんので、短肌着も一緒に揃えておきましょう。
赤ちゃん用品店に行けば、セットで売っている場合もあります。
1セット、もしくは2セットほど買っておけば安心です。
足りなくなったら買い足す感じでも大丈夫です。
赤ちゃんはすぐに大きくなりますので、必要以上に買っておく心配はいりません。
ロンパースなどのお洋服も生地が薄いほうがいいです。
熱がこもりやすくなってしまうため、脱ぎきしやすいのもおすすめです。

コンビ肌着もあると安心です。
コンビ肌着は足の間にボタンがあり、赤ちゃんが蹴っても捲れる心配がありません。
短肌着、長肌着とコンビ肌着を重ね合わせれば防寒対策にもなりますのでおすすめです。
こちらもセットで一緒に売っている場合がありますので、足りなくなったら買い足す感じで問題ありません。

おくるみ

生まれたばかりの赤ちゃんはほとんどの時間を寝て過ごします。
そのためおくるみなどがあると安心です。
おくるみに包んであげれば体を温めてくれますので、重ね着もそこまで必要ありません。
おくるみに包んだまま寝かしつけもできますので、お布団で寝かせてあげる際も重宝します。
足元も一緒に暖めてくれますので、冷えの心配もいりません。
おくるみに包んだまま外出することもできますので、寒い季節に色々と重ね着させるよりおくるみに包んであげるほうがいいかもしれません。

ブランケット

お昼寝の時などに重宝します。
そこそこ厚めであれば赤ちゃんの体を覆ってくれます。
1か月健診後にお出かけするときにもベビーカーに取り付ければ寒さ除けにもなります。
もちろん自宅でも使えますので、秋生まれの赤ちゃんにはおすすめです。

スリーパー

スリーパーはお腹などを寒さから守ってくれます。
着る毛布とも言われており、どれだけ寝返りを打っても脱げることはありません。
寝る前にどれだけきっちり防寒をしても寝ている間にお腹が出てしまうことってありますよね。
スリーパーならお腹まですっぽりと覆ってくれますので、寝冷えの心配がいりません。
寝返りを打ち始めると毛布を蹴ってしまったりしますので、もっておくと安心です。
いきなり着せると嫌がるかもしれませんので、生まれたころから慣らしていくといいかもしれません。

哺乳瓶

生まれたばかりですとまだ上手に母乳が吸えなかったり、逆に母乳が少ない場合があります。
一本だけでも持っておくと安心です。
搾乳した母乳を入れておけば、お母さん以外の人でも赤ちゃんのお世話ができます。
後々ミルクに変える際も持っておくと安心ですので、おすすめです。

紙おむつ

おむつは赤ちゃんの肌によって違ってきます。
サンプルなどがもらえる場合がありますので、そちらで試してみましょう。
いきなり大量に買ってきてしまっても、赤ちゃんは1か月程度で新生児サイズからSサイズに変わることがありますので必要最低限の量で大丈夫です。
1パックか2パックほどあれば1か月ほどは持ちます。

秋生まれの赤ちゃんにあったらいいもの

あったら便利なものをご紹介します。

おしりふき

おしりふきはそのまま使うと冷たいままですが、おしりふきを温めてくれるウォーマーがあります。
冷たいと赤ちゃんはびっくりしてしまいますので、ウォーマーなどで温めてから使ってあげるといいかもしれません。
寒くなってくると結構重宝しがちなので、一つだけ持っていると安心です。
コードに繋いで温めるタイプが多いので、外出には不向きですが、自宅用にあるといいでしょう。

保湿クリーム

乾燥してくる季節ですので、こまめに塗ってあげると赤ちゃんの肌荒れ防止にもつながります。
ワセリンなどは赤ちゃんが口に入れても問題ありませんので、顔周りに塗ることができます。
ただすぐに乾燥してしまいますので、こまめに塗り直してあげる必要があります。
それ以外にもベビー用の保湿クリームは色々と売っていますので、好みに合わせて買い揃えてもいいかもしれません。
お風呂上りに塗ってあげると保湿効果が上がります。

薄手のベスト

外出が始まるとロンパースだけでは防寒が難しくなります。
薄手のベストが一枚あると、上半身の防寒になります。
下半身はブランケットなどで守れますが、上半身は気づけば捲れていたりすることもありますので、薄手のベストで上半身を守ってあげることができます。
特に10月後半~11月ぐらいに生まれた赤ちゃんにおすすめです。

秋生まれの赤ちゃんに特に必要ない可能性が多い

一緒に買いがちなものの、特に必要ないことが多いものも紹介します。

靴下と帽子

寒くなってくる季節ですので、帽子や靴下で防寒してあげたくなりますよね。
靴下はおくるみに包まれていると足元まですっぽり覆ってくれますので、特に必要はなさそうです。
ロンパースも足元まですっぽり覆ってくれるタイプもありますので、こちらを使えばわざわざ靴下を買う必要はありません。
靴下を使ってもいいですが、赤ちゃんの足自体かなり小さく、すぐに脱げてしまいがちですので気づけばなくなっている!なんてこともあります。
それと、赤ちゃんは足の裏で体温調整をしますので必要以上に足裏を温めておく必要はありません。
家にいる間も室内の温度管理で問題ありませんので、なくても大丈夫です。

帽子は外に出る機会が増えたとしても赤ちゃんの頭部はすぐに成長してしまいます。
一か月前までは被れたけど、年が明けたらもうきつくなった!なんてこともあります。
サイズアウトが早いので、使う回数があまりないかもしれません。

ミトン

赤ちゃんは無意識のうちに爪で自分の顔をひっかいてしまいます。
そのためそれらを防止するために手袋型のミトンを使います。
こちらも靴下同様気づけばなくなっていることが多いです。
赤ちゃんの爪はすぐに伸びますが、赤ちゃん自身がミトンを嫌がって取ってしまうこともありますので、なくてもいいかもしれません。
その代りこまめに爪切りをしてあげる必要はあります。

まとめ

秋生まれの赤ちゃんは季節の変化に合わせて色々と変えてあげるといいです。
季節に合わせて必要なものが変わってきますので、その都度購入する形をとったほうが安心です。
ロンパースや短肌着、長肌着、コンビ肌着などは必要ですのでこれらは買い揃えておきましょう。
ブランケットやおくるみは赤ちゃんによっては必要ないかもしれませんが、あると便利ではあります。
寝かしつけの時やお出かけの時などに重宝しやすいので、持っておくといいかもしれません。
今回ご紹介した以外にも秋生まれ手の赤ちゃんの主産準備リストで必要なものはたくさんあります。
お世話で必要ではないもの以外は後で買い足しても問題ありませんので、まずは必要最低限だけでも出産前に買い揃えておきましょう。

画像をアップロード

ブログ運営会社

Softmamaのベビー服は国内工場で一つ一つ丁寧に作られた日本製。
素材には高級オーガーニックコットンを使用しています。
公式サイトもぜひご覧ください。