白のオーガニック

やさしく しっかり 守る 〜厳選された素材へのこだわり〜

従前、新生児衣料で使われるオーガニック素材は、ベージュなど、少し色味が付いたものが主流となっていました。
Soft Mama の素材は全く違います。
その名も「白のオーガニック」。

白にこだわる理由、それは赤ちゃんの顔色が一番わかるのが白だから。
赤ちゃんは言葉で思いを伝えることができません。
なき声で、顔色で、表情で。
一生懸命伝える、その小さな呼びかけに、1 秒でも早く気付いてあげられるように。

Soft Mama のオーガニックとは

Soft Mama がご提供する商品は、ただオーガニックを使っているだけではありません。
赤ちゃんが心地よく過ごすために、たくさんの工夫が縫い込まれています。

オーガニック超長綿

Soft Mama のオーガニックコットンは、繊維の中空率が高く今までにないハリとコシがあります。
また綿花の繊維長が35mmと非常に長く、細かい繊維を贅沢に、丁寧にたくさん織り込む事により、
縮み・しわに強く、柔らかくサラサラした質感となりました。

エルパソ農園

昼夜の寒暖差が大きいエルパソ農園(アメリカ)

優れた吸水性

大人と同量の汗をかくほど汗っかきな赤ちゃん。しかも汗線が未発達の為、こまめに汗を拭き取らないと肌トラブル・風邪等を起こしてしまいます。
実は生地を柔らかくする「柔軟加工」は、その弊害として吸水性が落ちてしまい、中には水を弾いてしまう商品もあるほど。
そして洗濯を繰り返すほどに効果が落ち、段々ゴワゴワしてきてしまいます。
Soft Mamaは綿花本来の質に自信を持っている為、柔軟加工は一切行いません。
よって、今までに無い吸水性を実現させました。

既存製品

既存製品

Soft Mamaの製品

Soft Mama 製品

MADE IN JAPAN の安心

20年ほど前から、大手のアパレルメーカーがコストの安いアジアへ生産拠点を移すようになり、今や日本の衣類は外国でつくられたものに溢れています。
Soft Mamaの製品は、日本に所在する1箇所の工場で全ての工程を行う「一貫管理・一貫生産」によってつくられています。
生地を切るところからママの手元に届くまで、全てが日本で責任をもって作業されています。

MADE IN JAPAN の安心