里帰りの時に必要な出産準備は?リストとしてまとめてみた

里帰りの時に必要な出産準備は?リストとしてまとめてみた

いよいよ赤ちゃんを産む時期が迫ってくるとドキドキしますよね。
住み慣れた自宅で赤ちゃんを迎える人もいれば、里帰りをする人もいます。
里帰りをする時ってなにが必要になってくるのでしょうか。
今回は里帰りでの主産準備で必要なものをリストとしてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

里帰り出産で必要な書類

里帰り出産は家族に支えてもらえるという安心感がとても強いです。
特に初めての出産ですと心細いですし、なにをすればいいかわかりませんよね。
そんな時に出産、育児経験がある人がそばにいると安心します。
しかしその反面、自分のやり方と違うということもありストレスを感じてしまう場合もあります。
そういった場合は早めに切り上げてもいいかもしれません。

では、実際に里帰りで出産する場合の出産準備で必要な書類をまとめてみました。

母子手帳

こちらは必須です。
出産の際に必要事項を記入しますし、里帰り先で経過観察を見る際にも必要になってきますので必ず持っていきましょう。

病院からの紹介状

現在通っている病院から里帰り先の病院に移転する場合必要になってきます。
妊婦の状態や胎児の状況などが記されていることが多いため、こちらの書類は里帰り先の病院に提出する必要があります。

診察券

里帰り先の病院の診察券があればそれも持っていきましょう。
なくても作れますので必ずしも必須というわけではありません。

健康保険証

ママの体調を見る際に必要になってきます。
保険証は月に1回、最初に来た時に提出しますのでこちらも合わせて必要になってきます。

印鑑

もし里帰り先の病院で必要な書類を記入するとなった際に必要になってきます。
ほかにも里帰り先で赤ちゃんの届を出す際にも必要になりますので、持っていくと安心です。

その他の書類

これは病院によってまちまちです。
入院中の過ごし方や必要経費が書かれた書類などがあります。
まとめて持っておくと安心です。

これらの書類はまとめておくと安心です。
保険証や母子手帳、印鑑や紹介状は大事なものになってきますので忘れないようにしましょう。
忘れてしまっても配達などで届けてもらえますが、位置が遠いと時間がかかってしまいますのでなるべく忘れないようにしておきましょう。

里帰り出産で必要なもの

里帰り先で必要なものリストです。

衣類や下着

里帰り先でも購入できますが、お腹が大きくなってくると買い物も大変になってきます。
そのためあらかじめ用意しておくと安心です。
衣類に関しては出産前、出産後のことを考えて着替えやすい服を持っていくようにしましょう。
下着は産褥ショーツなどを準備しておきましょう。

洗面用具やメイク道具

家族のものを借りてもいいですが、使い慣れた自分のものを持って行ったほうが安心です。
メイク道具は必要に応じてなので、必ずしも必須ではありません。

母乳パッド

赤ちゃんが生まれると人によっては母乳がすぐに出てくる場合があります。
普通にブラジャーを付けたままでいると母乳があふれてしまい、服まで汚してしまうことがあります。
そのためあらかじめ買っておくと安心です。
出産後すぐに出てくる場合もありますので、1パックだけでも持っていくといいでしょう。

産褥ナプキン

出産前後に必要になってきます。
入院時の必要なものリストにも載っていますので、持っていきましょう。
サイズはさまざまありますので自分の体形に合わせたのを買っていくと安心です。
病院などでも売っている場合がありますので、足りなくなったら病院で買い足しても大丈夫です。

赤ちゃん用の肌着

生まれたばかりの赤ちゃんに着せてあげる肌着です。
買ったばかりの服をそのまま着せると肌荒れを起こす原因になってしまいますので、買った後は一度洗ってあげたほうがいいです。

抱っこひも

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ首が座っていません。
ベビーカーも病院の中まで入れない場合もありますので、赤ちゃんを支えるために必要になってきます。
新生児から使える抱っこひもを準備しておけばいいので、里帰り前後の購入で間に合います。
病院などでは売っていないことが多いので、事前に準備しておいて退院の日に家族に持ってきてもらうようにしましょう。

ベビーウェア

こちらも退院の時に必要になってきます。
肌着同様、買ったままでは着せることができませんので一度洗っておくと安心です。
入院中は着せる機会がないかもしれませんので、抱っこひもと一緒に退院の日に持ってきてもらってもいいかもしれません。
赤ちゃん用のベビーウェアも病院では売ってないかもしれませんので事前購入がおすすめです。

これらは事前に準備しておくと安心です。
特に赤ちゃんに着せる肌着やウェアは一度水通しが必要ですので、できれば入院する前に洗っておくと安心です。
ママ用品は意外と病院でも売っている場合がありますので、足りなくなれば買い足すこともできます。
万が一に備えて多めに準備をしておきましょう。

里帰り先で買い足しても大丈夫なもの

出産準備前に買っておくと安心ですが、後から購入しても大丈夫なものリストです。

ドーナツクッション

赤ちゃんは首が座っていませんので、授乳の際に重宝します。
出産前から購入しておいてもママの抱き枕になったりもしますので、あると便利です。
ドーナツクッションの上に乗せて授乳をしたりすれば高さ調整も楽です。
病院によっては貸し出したりしているところもありますので、一度使用してみて便利であればあとで購入してみてもいいかもしれません。

哺乳瓶

もしも赤ちゃんがおっぱいを飲まない、もしくは母乳の出が悪い場合などに備えてあると便利です。
哺乳瓶があればママ以外の人がミルクを飲ませてあげられますので、1本だけでも購入しておくと安心です。

おむつ

入院中のおむつは病院から支給されます。
退院後は自分たちで揃える必要がありますので、入院中から準備しておくと退院後安心です。
メーカーによって微妙なサイズの違いや肌触り、吸収率が違ってきますのでサンプルなどを用意しておいてもいいかもしれません。

ベビーシート

退院の時は車で帰る場合がほとんどですので、あると便利です。
ママが抱っこままでもいいですが、危ないですので赤ちゃん用のベビーシートを事前に準備しておいてもいいかもしれません。
そのあともお出かけの機会が増えればなにかと使いますので、車移動が多い人は準備しておくといいでしょう。

カメラ、ビデオ

出産のシーンを撮りたい、と思っている人は準備しておきましょう。
ほかにも初めての沐浴や初めて尽くしのシーンを撮りたいと思っている人は事前に準備しておくといいかもしれません。

これらのものは必ずしも必要というわけではありませんがあると後々便利です。
人によっては全く使わないこともありますので、使わないかもしれないものは用意しなくても大丈夫です。

まとめ

里帰りでの出産準備はママだけではなく赤ちゃん用品も必要になってきます。
里帰り先で購入できればいいですが、バタバタしていると買い忘れてしまったりもします。
それを防ぐためにもあらかじめ里帰り前に買っておいたほうが安心です。
足りなくなったら買い足す、という心持でいくと安心です。
もしも里帰りに持っていく荷物が多い場合は配送を頼んでもいいでしょう。
荷物が多いとママの体に負担がかかってしまいますので、必要最低限の荷物だけ持っていき、衣類や赤ちゃん用品は配達でもいいかもしれません。
あまり多すぎると持って帰るのも大変ですからほどほどに準備しておきましょう。

画像をアップロード

ブログ運営会社

Softmamaのベビー服は国内工場で一つ一つ丁寧に作られた日本製。
素材には高級オーガーニックコットンを使用しています。
公式サイトもぜひご覧ください。